物件の見学と選び方と不動産投資

不動産投資での投資物件の選び方では、立地などや建物の構造、設備や地震対策ができているかなども重要ですが、いろいろ調べるためには内見などで物件を見た時に、写真や動画などであとから判断できるように記録しておくと、他の物件といつでも比較しながら検討することができます。
内側はもとより、外側なども写真を撮っておき、インターネットの地図のサービスなども利用しながら、資料を作っておくことがポイントになります。
頭の中だけで記録しておくということは、あまり良くありません。
いくつもの物件を見ることになるので、肝心な部分の記憶が重複したり、勘違いをしたりする場合も多いからです。
人間の脳は、記憶のつじつまを合わせたり合理化したりします。
それも必要ですが、不動産投資での物件を探す時には害になります。
そのためにも写真の画像や動画などで、もう一度確認ができるようにしておくことが効果的です。
周りの様子は治安などのためにも必要になります。

none

不動産投資関連一覧

不動産投資をするのであれば、期を付けなくてはいけないことが沢山あります。
特に、一般的な株など

不動産投資をするうえで気を付けなくてはいけない事

アパート経営での不動産投資の最大の魅力は「収益が安定していること」だと言えます。
一般の事業を

アパート経営での不動産投資の魅力

不動産投資の流れということでは、三段階のポイントがあります。
最初は購入までの作業です。

不動産投資の流れといくつかのポイント

Copyright(c) 不動産投資 All Rights Reserved.